安全運転の心構え|福祉車両レンタカー・リースの介護レンタカーさくら|24時間 4,800円~

福祉車両レンタカーを、もっと身近に、もっと利用しやすく。

お近くの福祉車両レンタカー店舗
お近くの店舗を探す
Webで予約
レンタカー予約

さくらからのお知らせ

介護レンタカーさくらからお客様へのお知らせです。

さくらからのお知らせ

安全運転の心構え

2021年5月3日

皆様、こんにちは。ガッツレンタカーFC本部です。

 

フリー写真] ハンドルを握って車を運転する男性でアハ体験 - GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集

危険運転は自分の身に危険があるだけではなく、同乗者や他人の命を奪う可能性もあります。

自分の運転を過信せず、「~かもしれない」と常に先を読みながら安全運転に心掛けましょう。

 

 

 

車の運転では常にベストコンディションでハンドルを握りましょう。

とくに仕事や通勤、子どもの送迎などで頻繁に車を運転する人こそ万全の体調でいることが大切です。

そのためにはきちんと睡眠をとり、日頃から健康に気遣いましょう。

疲れている状態で運転すると、運転するうえで大切な集中力や注意力、判断力がぞんざいになってしまいます。

あくびの回数が増える、側方や後方に注意するのが億劫になったときは疲れのサイン。

その際は運転を休憩し、運転で緊張していた体を軽い体操でほぐすとよいでしょう。

長距離運転では2時間走行後に10分以上の休憩をとり、その後は1時間ごとに10分以上の休憩をとるのが望ましいとされています。

 

 

 

自動車を走行中は、スピードメーターをこまめに確認することも大切です。

自分の運転している車がどのくらいのスピードを出しているのかを常に把握し、早すぎず遅すぎない法定内でのスピードを保ち、適切な車間距離をあけることが大切です。

 

 

ながら運転を抑止するアプリを活用したり、大切な人の写真を飾ったりなど安全運転の工夫もぜひ実践してみてください。

さくらからのお知らせ

Why SAKURA?

なぜ「介護レンタカーさくら」が選ばれるのか?

「福祉車両を購入する前に試し乗りしてみたい」

「代車なので期間限定で利用したいのだけど」

「法人向けプランはありますか?」

お客様から様々な声をお寄せいただく中、
なぜ、福祉車両レンタカーに
「介護レンタカーさくら」が選ばれるのか?

その秘密を詳しくお伝えします。

介護レンタカーさくらが選ばれる理由

介護レンタカーさくらを更に詳しく知りたい方

  • 福祉車両を24時間 4,800円~でレンタルいただけます
  • 大型保障の自動車保険
  • 介護レンタカーさくらによくお寄せいただくご質問と答え