ブレーキのかけ方のコツ|福祉車両レンタカー・リースの介護レンタカーさくら|24時間 4,800円~

福祉車両レンタカーを、もっと身近に、もっと利用しやすく。

お近くの福祉車両レンタカー店舗
お近くの店舗を探す
Webで予約
レンタカー予約

さくらからのお知らせ

介護レンタカーさくらからお客様へのお知らせです。

さくらからのお知らせ

ブレーキのかけ方のコツ

2021年5月6日

皆様、こんにちは。ガッツレンタカーFC本部です。

 

スムーズなブレーキングを行うためのコツをお伝えしたいと思います。

まずは、運転をする際のポジションです。
シートに深く座り、アクセル・ブレーキをしっかり踏み込むことができる位置にシートを動かしたら、手を伸ばしてハンドルの上を握り背もたれの位置を調整します。
運転するうちに乱れてしまいがちなので、初心に帰ってしっかり姿勢を正しましょう!

 

ブレーキを踏み始めるポイントから、制動力の立ち上がるポイントまでの領域、いわゆる「遊び」領域の使い方が重要です。

まず、ブレーキペダルの踏み始めは、「遊び」の領域を無視して一気に踏み込むのでは無く、ブレーキの効き始めを探りながらジワッと踏み込んでいきます。

やがてブレーキの踏みごたえが変わるポイントに差し掛かるので、制動力の立ち上がりを意識しながら自分のイメージする速度へと穏やかに移行してください。

「遊び」領域を使ってジワッと制動力を立ち上げることができれば、一緒に乗っている同乗者も「あ、これから減速するんだな」と感じて自然にブレーキングへの十分な体制が取れます。

その他にも、車が減速を始める前にブレーキランプが点灯するので、「後続車が余裕を持って減速体制に移れる」というメリットもあります。

安全で快適なブレーキ操作をするためには、ブレーキの踏み方が重要ですが、それと併せて、十分な車間距離を取り、前の車や信号の状況に応じて、早めのブレーキを心がけることこそ、優しいブレーキの近道となるといえるでしょう。

さくらからのお知らせ

Why SAKURA?

なぜ「介護レンタカーさくら」が選ばれるのか?

「福祉車両を購入する前に試し乗りしてみたい」

「代車なので期間限定で利用したいのだけど」

「法人向けプランはありますか?」

お客様から様々な声をお寄せいただく中、
なぜ、福祉車両レンタカーに
「介護レンタカーさくら」が選ばれるのか?

その秘密を詳しくお伝えします。

介護レンタカーさくらが選ばれる理由

介護レンタカーさくらを更に詳しく知りたい方

  • 福祉車両を24時間 4,800円~でレンタルいただけます
  • 大型保障の自動車保険
  • 介護レンタカーさくらによくお寄せいただくご質問と答え