高速道路の逆走運転多発!!!|福祉車両レンタカー・リースの介護レンタカーさくら|24時間 4,800円~

福祉車両レンタカーを、もっと身近に、もっと利用しやすく。

お近くの福祉車両レンタカー店舗
お近くの店舗を探す
Webで予約
レンタカー予約

さくらからのお知らせ

介護レンタカーさくらからお客様へのお知らせです。

さくらからのお知らせ

高速道路の逆走運転多発!!!

2021年6月17日

皆様こんにちは。ガッツレンタカーFC本部です。

逆走イラスト/無料イラストなら「イラストAC」

最近、高速道路の車線を逆走し、本来の方向を走ってきた自動車に衝突する事故が増えています。

もし、自分が高速道路を走っていて、いきなり正面に逆走車の姿が見えたらどうしますか??

なすすべもないと思われるかもしれません。

一方で、「自分は逆走なんかしない」と思っている人がほとんどではないでしょうか。

 

 

逆走は高速道路や自動車専用道路のインターチェンジやジャンクションで多く発生しています。

約6割がこの2箇所で起っています。

逆走は重大な死傷事故につながることもあります。

また、逆走したドライバーの年齢については75歳以上が約45%、次いで65~75歳未満が22%を占める等、総じて高齢者の割合が高いのが特徴です。

最近は高齢ドライバーが増加していることから、より深刻な問題となっています。

 

逆走車を発見した場合は?

①速度を落とし、車間距離をあけましょう。

②もしも前方に逆走車が現れた場合、衝突を避けるように注意して走行しましょう。

 

 

逆走してしまったら?

①周りを確認し、近くの安全な場所に停車し、ハザードランプを点灯させます。

②車内にとどまらず、車外に出てガードレールの外側など安全な場所へ避難してください。

③110番か非常電話で通報してください。

 

 

逆走を防止するため、高速道路上でさまざまな取り組みを行っています。

例えば、高速道路の路面等に矢印を表示し、車両の進行方向を示すことで、逆走を防止しています。

このような標識や警告を見落とさないように、日ごろから注意し走行することを心がけましょう。

さくらからのお知らせ

Why SAKURA?

なぜ「介護レンタカーさくら」が選ばれるのか?

「福祉車両を購入する前に試し乗りしてみたい」

「代車なので期間限定で利用したいのだけど」

「法人向けプランはありますか?」

お客様から様々な声をお寄せいただく中、
なぜ、福祉車両レンタカーに
「介護レンタカーさくら」が選ばれるのか?

その秘密を詳しくお伝えします。

介護レンタカーさくらが選ばれる理由

介護レンタカーさくらを更に詳しく知りたい方

  • 福祉車両を24時間 4,800円~でレンタルいただけます
  • 大型保障の自動車保険
  • 介護レンタカーさくらによくお寄せいただくご質問と答え